読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たまたま卵巣の腫れが見つかって子宮内膜症と診断されるまでの話

病院通い 婦人科体験記

はじめに

どうも、私は子宮内膜症・チョコレートのう腫持ちです。

経過観察中ですが、お医者さんからは良性だと言われています。安心して過ごしております。

発覚したのは2016年の2月29日、確定したのは3月9日です。もうすぐ発覚から一年になるので、この一連の出来事をまとめたくなりました。

 

自分みたいななんでも一旦検索したくなる人がもしこの記事にたどり着いたら、そんな人に次の一手の後押しができるように書きたいですね!

 

 

クリニックに行くきっかけ

きっかけは、生理でもないのに血がでたからでした。よく言われる「不正出血」ってやつですね。ほんと少量だったんですよほんんんんんのちょっとで、我ながらよく気づきました。

しかしこれは、今回の病気と直接的に関連した症状ではなかったのです

  

2016年2月29日

当時私は、まる四年間働いた会社からの退社を控えていました。

有給消化に入る前の出勤で、正直何もすることがなく。かつて日々の業務に揉まれていたころとは打って変わって、イージーモードのエブリディだったわけです。ご褒美ですね。だからこそ自分の体調の変化に敏感に行動できたのだと思います。ばりばり働いていた頃に気づいたとしても、きっと病院は後回しだったに違いない

 

ここで検索魔の私はさっそく「不正出血 病気」で検索!

 ・・・なんだかとってもやばそうな病気ばかり現れます どきどきん

 

心配になってきたので市内の婦人科クリニックに行くことになりました。幸い時間はたくさんあったのでね、すぐ行くことができたんですね。

 

即解決!やっぱりプロに聞いてよかった!ところが

 

そのクリニックは実は私の行きつけでしてね、生まれた瞬間からお世話になっているのです。現在は分娩の扱いはやめてしまったのですが、2014年の6月から2度、子宮頸がん検診でお世話になっています。おじいちゃん先生なのでとても気軽に行けるのです

 

さっそく不正出血を相談したら、これが即解決してしまいました。排卵出血でした (その日は前回の生理開始日から14日後)

「むしろ健康だよよかったね」と微笑む老紳士。よかった。

 しかしあれだけどきどきんさせた出血はなんだったのか。空振りだったかーと思いつつ、内心ほっとしたわけです。

 しかしこれが 体内の異変を見つけるきっかけになりました。

 「せっかくだし超音波見てみようか!」

 

 

 

卵巣くん、春会ったときより ずいぶんおとなになったね

 

f:id:bequiet-screamnow:20170219110358j:plain

産婦人科機器|製品のご紹介|タカラベルモント メディカル事業

 

おそらくあまり婦人科になじみのない方には抵抗がある、経膣超音波検査用の椅子。

私は子宮頸がん検診で体験していて3回目でしたが、やはりどきどきしますね

 ここのは自分でぐっと足を上げて載せるタイプです。というか椅子側が自動でいろいろしてくれるタイプに出会ったときの衝撃はとてつもないものでしたよ…

 

 子宮・卵巣たちとの3度目の再会です

「はいこれが子宮ねー」

「はい(やあ、こないだの6月の検診以来やな)」

「あとこれが卵巣右 あれ?」

「(あれって言った!)」

「ねえ、あなた卵巣大きめだねって言われたことない?」ない!

 

右の卵巣が 通常よりも少し大きくなっていることがわかりました。

直径4cmくらいだそうです。通常は1~2cmくらいとのこと。確かに大きい。

 

f:id:bequiet-screamnow:20170219120156p:plain

(↑こないだニッセイのおねえさんがくれたチラシにあった図)

 

ほお、これも個性かなと思っていました。のんきなことに。 

診察室に戻りましたら、なんだかあまり雰囲気がよくないです。

 

先生「宇多田ヒカルって知ってる?」知ってる。

 

卵巣の肥大 その中身は何なのか?

「もしかしたらその人と同じ病気かも」

「はあ」

 

超音波検査により発覚した 卵巣の肥大。おじいちゃん先生は疑われる病気をいくつか提示してきました。

(血が溜まっているから大きい)

  • 皮様性のう種

(毛などが溜まっているから大きい)

宇多田ヒカルが持ってるのはチョコレートのう腫なんだよーと教えてくれました。

 

「もしチョコだったら、ひどくなるとガン化するの

「(えーガンかぁ もうすぐ結婚するのにな)」

 

会社を退社した後は、彼の勤めている四国へ引っ越して結婚する予定でした。

 

「僕の経験的に、これは良性だと思うのね」

超音波検査時の画像の映り方が、悪性のそれではないとのことですが…

 後日、市内の医療センターでMRIを撮ることになりました。それはまた別くくりで書きますね!

 

 

 

君のこと 気づいてあげられなくて ごめん

帰路、これまでを振り返り考えていたことは

 

2015年6月 子宮頸がん検診で卵巣確認 異常なし

2016年2月 卵巣の肥大確認

 

えっ

「8ヶ月くらいで肥大するのん?!?!」

 てことと

 

えっ

「全然気づかなかったよこれ!!」

特に腫れたりもなかったしやな・・・

 

ってことです。不正出血をスルーしていたら、きっと次の検診まで気づかなかったですね。

 あとあと検索魔炸裂させながらわかったのは、かろうじて

  • 生理時の腹痛や不調が重い

ていうサインは出ていたってことです

 いつもバファリンルナで乗り切っていたのですが、よくなかったですね。

ちゃんと今回みたいに、病院でプロに相談するべきでした。反省。

 

もっと婦人科に行こう

自分が異変に気づけたのは、たまたま出血があって病院に行ったからです。

今回の出血の原因は安心できる内容でしたが、不正出血があった時点で心穏やかでない原因が潜んでいてもおかしくないですよね。

 

なんとなく場所が場所だし相談しづらい案件かもしれませんが、ぜひ勇気を出して、お医者さんに相談してみてください。

 

今回自分はあんまりうれしくない結果になりましたが、

いやぁー早くみつかってよかったなぁと思えましたよ!

大したことなかったらなかったで、あーよかったって安心できますよ

 

次回はMRI検査について!

bequiet-screamnow.hateblo.jp